TOP > おすすめ本 > 事業性評価と融資の進め方

事業性評価と融資の進め方

著者:
吉田 浩二(澁谷 耕一 監修)
価 格:¥1,800(税別)
発売日:2016/11/18

事業性評価と融資の進め方
~取引先の強みを伸ばし資金需要を発掘する~

本書は企業の見方や経営改善アドバイスについて、金融機関の行職員や事業者向けに分かりやすく解説しています。 5つの業種のビジネスモデルを理解することで、強みを見出し伸ばすための支援方法や融資につなげる方策を学びます。

【本書の内容】

第1章 事業性評価を理解する
  • 第1節 事業性評価とは何か
  • 第2節 事業性評価が求められる理由
  • 第3節 金融機関を取り巻く環境の理解

第2章企業の全体像を把握する
  • 第1節 異なる金融機関と経営者の視点
  • 第2節 事前調査を行ってみよう
  • 第3節 実態把握の流れを理解しよう
  • 第4節 企業の概況を把握しよう
  • 第5節 社内体制をつかんでおこう
  • 第6節 ビジネスモデルを理解しよう
  • 第7節 事業領域(ドメイン)を知ろう
  • 第8節 外部環境の情報を収集するには

第3章企業の事業内容を確認する
  • 第1節 取引先企業のここを見よう
  • 第2節 財務データからつかもう
  • 第3節 資金繰り表からつかもう
  • 第4節 製・商品・サービスのここを見よう
  • 第5節 取引先の内容を時系列につかもう
  • 第6節 販売先をつかもう
  • 第7節 仕入先をつかもう
  • 第8節 部門別につかもう
  • 第9節 事業内容把握のためのチェックポイント

第4章企業の強みを伸ばす支援をする
  • 第1節 金融機関にできることは何だろう
  • 第2節 企業の強みを伸ばす支援をしよう
  • 第3節 視点を変えるアドバイスをしよう
  • 第4節 取引先の強みをつかもう
  • 第5節 強みと弱みを分析しよう
  • 第6節 課題を整理し改善の優先順位をつけよう
  • 第7節 売上を伸ばすアドバイスをしよう
  • 第8節 事業計画書の策定支援をしよう
  • 第9節 そして融資につなげよう

第5章事業性評価に基づき融資を実行する
  • 事例1 運送業のケース
  • 事例2 食品製造業のケース
  • 事例3 飲食業のケース
  • 事例4 建設業のケース
  • 事例5 自動車部品製造業のケース
著者略歴
吉田 浩二(よしだ こうじ)
中小企業診断士 1997年広島銀行入行。東京支店・本店営業部 にて法人融資渉外業務に従事。2010年より現 職。中小企業向けの財務・銀行取引・事業再 生に関するコンサルティング業務を担当。金 融機関、中小企業再生支援協議会等を通じた 専門家派遣業務などに従事。金融機関向け研 修、会計事務所・法律事務所と連携したセミ ナーなど多数開催。