中国・青島市視察

青島市視察 平成17年2月25日〜27日

ハイアール社

業務内容:
中国第一位の家電メーカー、冷蔵庫、洗濯機、ガスレンジ、パソコン等の製造
価格:
冷蔵庫洗濯機等の白物家電は日本のものよりかなり廉価。パソコンは日本と比較してそれほど廉価ではない。
ハイアール社事業説明
ハイアール社事業説明
自社製品の説明
自社製品の説明

青島ビール博物館 見学

創業1903年の100年の歴史のある中国最大のビールメーカー、中国一のビール生産地である山東省青島市に本拠地を置いている。
1993年に香港H株市場で初の国有企業株として上場を果たした。もともと中国のアルコール市場は、伝統的な白酒が大きなシェアを占めていたが、開放政策によって生活様式が欧米化し、低アルコールで飲みやすいビールやワインなどのシェアが伸びてきている。90年代中国には800社あったビールの会社が現在は300社ほどに減少している。
元々は、青島を租借していたドイツ人の技術により作られた工場であり、その後、日本人経営者の手に移り、その後、国営企業に。
面談風景
面談風景
工場内ビール博物館
工場内ビール博物館
ビール試飲
ビール試飲
 

市政府要人との面会・歓迎レセプション

青島市には中小企業が多く、業態は製造業が中心で、アパレル業が29.1% 食品業は10%。製造業は中でも電子家電の拠点であり、Haier(ハイアール)、Hisense(ハイセンス)、Aucma(オークマ)社などがある。食品業では、青島は食品生産基地となっており、75億ドルの食品を輸出している。
青島市の日本人観光客は12万人。内、長期滞在者は3千人。日本人学校があり、日本語対応の病院、日本語で通じるホットラインもある。日本の姉妹都市は山口県下関市。経済友好都市は福岡市、神戸市。10月15日〜21日は中国青島ジャパンウィーク。
山東省の人口:9100万人
青島国際空港利用客:年間400万人

面談風景

工場内ビール博物館

日系企業見学
青島松下電子部品(保税区)有限公司

1997年に設立。従業員数2700名。年商150億円。平均年齢23歳。
携帯電話の電子部品等を製造している。
工場従業員の特色は、勤勉でまじめな人柄が多く学習能力が高い。
工場内
工場内

 
ミツミ電機
ミツミ電機

 

開発区概況説明

<面談者>
青島人民政府海外貿易経済合作局 
局長  WU TIEJUN 様
副局長 張 海防 様 
日本担当部 部長 張 建軍 様
日本担当部 副部長 KA KEN GUN 様 

工場内ビール博物館
この開発区は国家の開発区で、高速道路、鉄道、前港湾が整備されており、機械加工産業が盛んである。開発区には、ハイアール社、ハイセンス社、サンヨウ、松下電器産業、ミツミ電機など多くの企業がある。
大学には日本学科を開設している。日韓投資促進局では日本語が話せる人は10名在籍している。日本語が堪能な方が多い印象を受けた。
青島のGDP上昇率は30%。外資系企業は全体の51%を占めているが、外資系企業の収益は200%増加、職員雇用率は30%増加している。
開発区の法人税は15%。

前港湾見学

24時間稼動の大型ガントリークレーン
24時間稼動の大型ガントリークレーン景

 

市内ジャスコ見学

青島市の人にとって、所謂日本のスーパーのイメージではなく、百貨店の感覚。高級車で買い物に来る感覚。
顧客は、富裕層から一般レベルまで広範囲。店内については、マクドナルド、回転寿司からアパレル、食品、家電まで一通りの物が揃う。但し、高級ブランド品は百貨店等が扱う。
尚、その他、すぐ近くにカルフールも出店しているほか、近々、ジャスコ2号店が完成予定(6万uと今のジャスコの2倍近い規模)。
ジャスコ外観
ジャスコ外観
ジャスコエントランス駐車場
ジャスコエントランス駐車場

市政府副市長主催夕食会

 
前の章へ
次の章へ
 
文字サイズ  文字サイズを大きくする  文字サイズを標準に戻す
会員(登録無料)になると、全てのコンテンツをご覧になれます。
会員登録 ログイン